now loading
yosiki icon

美容皮膚科

美容皮膚科の施術に関しては医療ピアス以外は全て成人の方を対象にしています
(未成年の方は対象外です)
※医療ピアスの施術に関しては保護者の方と一緒に受診していただく必要がございます。

美容皮膚科について

美容皮膚科とは皮膚の疾患だけではなく皮膚に対するアンチエイジング療法や肌トラブルそのものに対する機能改善を目指し、科学的根拠に基づいた診療・治療を行う皮膚科診療の一分野です。福岡県福津市のよしき皮膚科・形成外科ではシミ、シワ、毛穴の開きなど皮膚の老化を改善する治療のほか、スキンケアの指導を行います。当院で治療に使用する機器、薬剤は全て医師の存在する医療機関でしか使用できないものです。

美容皮膚科の診療は全て保険外診療であり、施術に関しては完全予約制となっています。
初診の際には患者さんのご希望とお肌の状態から最善と思われる治療法をご提示させていただいたうえで施術日をご予約してからの施術となります。

受診日当日の施術は行っておりません。
現在、土曜日は美容皮膚科の施術は行っておりません。

受診から施術までの流れ

  1. 診察

    診察を行い現在のお肌に合った治療法をご説明します。
    (この時に初診料3,300円がかかります)

    診察
  2. 施術

    ご予約いただいた施術日に施術を行います。
    (施術料および診察が加われば再診料550円がかかります)

    施術

当院で実施している美容皮膚科治療は下記のものになります。

当院で行っている美容皮膚科の内容
シミの治療、シワ・たるみの治療、赤ら顔の治療、脱毛治療、ピーリングによるお肌の若返り治療、お肌に美肌成分を導入する治療など。

お肌の若返り治療

紫外線や年齢に伴うお肌の悩みとしてお顔のシワ、たるみ、くすみなどが挙げられます。当院ではそれぞれに対応した治療法をご用意しております。

  1. お肌のたるみ

    長年の紫外線曝露により肌の弾性繊維、膠原繊維が減少してしまうためお肌が重力に引っ張られ、たるんだお肌として表れてしまいます。HIFUという特殊な超音波をお肌の内部に作用させてたるみを引き締める治療を行います。

  2. 毛穴の開き、ニキビ跡などの傷痕治療

    ニキビ肌でお困りの方や、過去にニキビができたしまったことでできたクレーター痕に対しての治療です。フラクショナルレーザーという特殊なレーザーを使用して凹んだ傷跡を盛り上げ、さらにコラーゲンの増加を促すことで毛穴の引き締めや傷跡の治療を行います。

  3. お肌のくすみに対する治療

    皮膚の深いところにシミの原因となる色素が存在している状態です。そのため皮膚の深い場所にレーザー光を伝える必要があるのでQスイッチレーザーのみで治療が可能です。レーザー照射後すぐにシミが薄くなるのではなく、破壊された色素が徐々に吸収されるのを待つことになるので3~6カ月ごとの治療が必要です。また通常のレーザー治療よりも出力の高いレーザー光を照射するため術後軽度の出血を生じることがあります。

ケミカルピーリングお肌の全体的なくすみ改善、ニキビ治療および浅いニキビ跡の改善

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは皮膚に薬剤を塗り、その作用によって皮膚表面の古い皮膚を取り除く治療法方です。皮膚の再生が促され、ニキビ・シミ・小じわを改善する効果があります。当院ではサリチル酸マクロゴールを用いたピーリングを実施しています。

料金表

ケミカルピーリングのみ(全顔1回)7,700円
ケミカルピーリング+イオン導入1種9,900円
ケミカルピーリング+イオン導入2種12,100円
  • 初診時には初診料が別途かかります。
  • 月に1回のペースで実施いたします。
注意点
以下の患者さんにはお肌の引き締め治療は行えませんのでご注意ください。
  • 前癌病変、悪性腫瘍、またはその疑いのある方。
  • 出血性疾患を有している方、抗凝固剤を内服中の方、ペースメーカーを装着されている方
  • 治療部位に「金の糸」などの金属が入っている方。
  • リウマチの既往のある方、金製剤の服用歴がある方
  • 肌色・白色の刺青を入れている方
  • 糖尿病・膠原病など傷の治りが悪い方
  • 蕁麻疹・アトピー性皮膚炎などで治療部位に皮膚疾患がある方
  • 日焼けをしている方、もしくは治療後日焼けをする可能性のある方
  • 妊娠中・授乳中の方
  • その他レーザー治療・光治療を受けることによる合併症を生じると考えられる方。

シミの治療

シミには大きく分けて①老人性色素斑、②脂漏性角化症、③後天性真皮メラノサイトーシス、④そばかす、⑤肝斑、⑥炎症後色素沈着の5つに分けられます。またそれぞれで推奨される治療法が異なることと、様々なシミが合併していることも多いため全て同じ治療で薄くなることもありません。

当院ではシミの治療に関しては患者さんのお顔にあるシミをしっかりと診察したうえで適切な治療法をお勧めしています。当院にはシミに対する治療機械として下記の5つをご準備しています。

また「re-Beau」という画像診断装置を使用して治療前後のシミの状態を客観的に画像で評価することが可能です。

それぞれのシミに対する具体的な治療法

  1. 老人性色素斑

    主に壮年期以降に現れる代表的なシミの一つです。治療としてはQスイッチレーザーによる治療が効果的です。広範囲に多発するものに対してはまずIPL光治療器による治療を数回行い、残った反応の悪い部分をQスイッチレーザーで薄くする方法が効率よく治療できます。その他にもハイドロキノンクリーム、レチノイン酸クリームを使用した外用剤による治療も行うことができます。

  2. 脂漏性角化症

    皮膚の加齢によって発生する盛り上がったイボ状のできもので、その見た目から「シミぼくろ」などとも呼ばれます。炭酸ガスレーザーを用いて削り取る治療を行うとほぼ1回で除去することが可能です。術後は擦り傷の状態になるので傷を守る被覆材や軟膏による傷の治療が必要となります。皮膚に傷を作ることになるため「強くこすらない」といった炎症後色素沈着対策が必ず必要となります。

  3. 後天性真皮メラノサイトーシス・異所性蒙古斑

    皮膚の深いところにシミの原因となる色素が存在している状態です。そのため皮膚の深い場所にレーザー光を伝える必要があるのでQスイッチレーザーのみで治療が可能です。レーザー照射後すぐにシミが薄くなるのではなく、破壊された色素が徐々に吸収されるのを待つことになるので3~6カ月ごとの治療が必要です。また通常のレーザー治療よりも出力の高いレーザー光を照射するため術後軽度の出血を生じることがあります。

  4. そばかす

    そばかすは10代から両頬と鼻の上にかけて目立ってくるシミの一つです。IPL光治療器を用いた治療を3~4回行うことで大半のそばかすは薄くなっていきます。IPL光治療器で反応が薄い部分に対してはQスイッチレーザーを使用することで治療効果を上げることができます。

  5. 肝斑

    肝斑の原因はクレンジング・洗顔などによる「過度の摩擦」つまりは不適切なスキンケアが一番の原因と考えられています。肝斑の治療で最も重要なことは「顔をこすらない」ことです。生じてしまった肝斑を薄くする方法としては徹底してこすらないことに併せて、内服薬(トラネキサム酸+ビタミンC)、ハイドロキノンクリームという美白剤の外用が基本となります。それ以外の治療法としては上記のトラネキサム酸+ビタミンCを直接に皮膚に浸透させるイオン導入という方法とQスイッチYAGレーザーを用いたレーザートーニングが効果的です。

  6. 炎症後色素沈着

    長期間続いた湿疹病変、擦り傷などの怪我の部位、虫刺されの後など「炎症」が生じた部位に生じる一過性の色素沈着です。Qスイッチレーザーを用いて治療を行った場合でも皮膚に炎症を起こすため一時的に炎症後色素沈着を生じることがあります。通常は「こすらない」「刺激を与えない」という適切なケアを徹底することで自然に吸収されていきます(お顔で半年~1年。体~上下肢で1年~3年)。しかし長期間なかなか吸収されないものや早期に吸収させたい場合にはQスイッチYAGレーザーを用いたレーザートーニングが最も有効とされています。その他にはハイドロキノンクリーム、レチノイン酸クリームの外用やビタミンC+トラネキサム酸の内服もあります。

注意点
以下の患者さんにはレーザー治療、光治療は行えませんのでご注意ください。
  • 前癌病変、悪性腫瘍、またはその疑いのある方。
  • 出血性疾患を有している方、抗凝固剤を内服中の方、ペースメーカーを装着されている方
  • 治療部位に「金の糸」などの金属が入っている方。
  • リウマチの既往のある方、金製剤の服用歴がある方
  • 肌色・白色の刺青を入れている方
  • 糖尿病・膠原病など傷の治りが悪い方
  • 蕁麻疹・アトピー性皮膚炎などで治療部位に皮膚疾患がある方
  • 日焼けをしている方、もしくは治療後日焼けをする可能性のある方
  • 妊娠中・授乳中の方
  • その他レーザー治療・光治療を受けることによる合併症を生じると考えられる方。

光脱毛

毛は成長期(毛が伸びる時期)、退行期(毛の成長が止まる時期)、休止期(毛が抜け落ちる時期)を繰り返して生え変わっていきます。光脱毛(IPL脱毛)は成長中の毛(成長期)にある毛の毛根に存在するメラニン色素に反応する光を当てることで毛根の毛乳頭を破壊することにより脱毛効果を得る方法です。
当院でご用意しているIPL脱毛器は照射可能な面積が広いため短時間に広範囲を施術することが可能です。

AGA(男性型脱毛症)の治療

当院ではAGA(男性型脱毛症)に対する内服治療も行っています。
お悩みの患者さんはどうぞお気軽にご相談ください。

料金表

デュタステリド錠(1ヵ月分 30カプセル)7,150円
フィナステリド錠(1か月分 28錠)6,050円
ザガーロ(1か月分 30カプセル)9,900円
  • 上記金額に初診料3,300円が別途かかります。

医療ピアス

当院ではチタンを素材とした医療用ピアスを用いたピアスの施術を行っています。

ピアス施術を希望される患者さんはご来院される前に予め施術希望部位を決めていていただくとその後の診察、施術がスムーズに行えます(耳たぶのみの施術が可能です。軟骨部分は施術できません)。
また施術後8週間はファーストピアスを装着したまま外せませんのでご注意ください。
未成年の方でピアス施術希望の方は保護者の同席が必要となります。
施術前に施術内容に関するご説明や使用するピアスの色などをお選びいただく時間等が必要なため午前、午後の受付終了「30分前」にご来院くださいませ。

料金表

片耳 1個3,300円
  • 上記料金に初診料3,300円が別途かかります。
遠隔診療システムについて
PAGE TOP