ビタミンC、トラネキサム酸内服薬 | 福岡県福津市の『よしき皮膚科・形成外科』(アトピー性皮膚炎・巻き爪の治療、美容脱毛など)

美容皮膚科
ビタミンC、トラネキサム酸内服薬

肝斑の治療の基本はお顔に摩擦を起こさないこととトラネキサム酸、ビタミンCの投与となります。
これらのお薬はイオン導入のほかにも内服によっても効果が表れます。

トラネキサム酸

メラノサイト(色を作る細胞)からメラニン色素の生成を抑制する作用があります。

ビタミンC

メラニン色素の形成を抑え、皮膚の色素沈着の改善効果があります。
またこれらのお薬は当院で実施しているレーザートーニングの施術前にもあらかじめ内服・投与しておく必要があります。

料金

1セット(ビタミンC製剤+トラネキサム製剤) 2,200円

*初回処方時には初診料3,300円(再診時は再診料550円)が別途かかります。

関連する皮膚疾患について

診察の流れ
よくある質問