診察技法のひとつに「触診」があります。

皮膚科の診察では実はほとんどの疾患が「視診」と「触診」で診断がついてしまいます。

よく「え?見ただけでわかるんですか?」「検査しなくていいんですか?」と言われますが

皮膚科臨床医の目指すところは「見て触るだけで瞬時に正確な診断をつける」ことにあります。

私の知っている超絶皮膚科臨床医の先生は「指先に体表エコーを装備している」とまで言われていました。

そして自分もそのような皮膚科医を目指し可能な限り多くの皮疹に対して触診を行っています。

というわけで触診をネタにしたラクガキです!