アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬などの疾患に対して

外用剤を基本として治療を行っていきますが、どうしても外用剤のみでうまくコントロールできない場合

紫外線治療を併用する事があります。

紫外線には皮膚局所の過剰な免疫反応を抑える効果がこれまでの研究で確認されており

アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬などの疾患に対しては保険適応となっています。

当院ではターゲット型のエキシマランプ「エキシプレックス308」を先日導入いたしました。

最新型紫外線治療器「エキシプレックス308」を導入しました!

こちらの器械は局所に強く炎症を生じている皮疹に対して非常に有効です。

しかし全身に広範囲に皮疹が生じている場合は全身に満遍なく紫外線を照射する必要があります。

これまで当院で使用していた紫外線治療器では上半身・下半身それぞれ2面照射する必要がありましたが

全身に1回で紫外線治療が可能な器械「ダブリン3」を導入いたしました。

この器械を使用するとこれまで4回に分けて照射していた紫外線が

立ったままで全身に1回で照射することが可能です。

時間のかかっていた紫外線治療も短時間(200mJの照射で30秒程度)で終わります。

全身に病変があって外用治療だけではうまくコントロールできないという患者さんや

紫外線治療を受けたいのに時間がかかるのであきらめていた、という患者さんにとっても非常に有益な器械です。

 

こちらの機械を使用した治療に関して

アトピー性皮膚炎

尋常性乾癬

菌状息肉症などの悪性リンパ腫による皮膚病変

尋常性白斑

などの疾患は保険適応となっています。