now loading
yosiki icon

当院で導入している治療機材

nb-UVB紫外線治療器

nb-UVB紫外線治療器

紫外線には皮膚局所の炎症を抑える作用があるため様々な炎症性皮膚疾患に治療適応となっています。この機械の特徴として皮膚疾患治療に有効な限られた波長の紫外線(ナローバンドUVB:nb-UVB)をのみを照射することで効果的かつ副作用の少ない治療を行うことができます。特に皮膚病変が広範囲にみられる方に有効です。

保険適応疾患
アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、尋常性白斑、慢性苔癬状粃糠疹、掌蹠膿疱症、皮膚悪性リンパ腫
治療方法
患部に対してまずは少ない線量で照射を開始します。日焼けのような症状などの副作用が無いことを確認しつつ徐々に線量を上げ、1週間に1~2回の頻度で通院、照射を行っていきます。
料金
保険適応疾患に対しては3割負担で1回約1,000円程度です。

308エキシマーシステム

308エキシマーシステム

nb-UVB治療器と同じ紫外線治療器ですが、狭い範囲にnb-UVB治療器よりも短いで高い線量が照射可能となっています。特に皮膚病変が狭い範囲に限局されている場合(掌蹠膿疱症など)に特に有効です。

保険適応疾患
アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、尋常性白斑、慢性苔癬状粃糠疹、掌蹠膿疱症、皮膚悪性リンパ腫
治療方法
患部に対してまずは少ない線量で照射を開始します。日焼けのような症状などの副作用が無いことを確認しつつ徐々に線量を上げ、1週間に1~2回の頻度で通院、照射を行っていきます。
料金
保険適応疾患に対しては3割負担で1回約1,000円程度です。

肌画像診断システム「re-Beau」

肌画像診断システム「re-Beau」

「フォトカルテ機能」により治療の経過を画像で確認できるので治療前後の客観的な効果判定に役立ちます。
また隠れた「しみ」や「肝斑」、「ポルフィリン」等、見た目では判断が難しい肌の状態をUV画像で確認できるだけでなく「しみ」「しわ」「毛穴」などのエリアや濃さを数値化しているのでご自身の肌の状態もご確認いただけます。

(※re-Beauによる撮影は美容皮膚科治療の患者さんを対象として行っています)

re-Beauによる撮影例

  • 通常の白色光源を使用して撮影した状態
    通常の白色光源を使用して撮影した状態
  • UV光源を使用して撮影した状態。白色光源ではわかりづらいシミなどを鮮明に映し出すことができます。
    UV光源を使用して撮影した状態

Qスイッチルビーレーザー(The Ruby nano_Q)

このルビーレーザーは皮膚へのレーザー光が照射部位に対して均一にムラなく照射されることが最大の特徴です。レーザー光の照射ムラが少なくなることにより高い治療効果と炎症後色素沈着などの合併症を最小限に抑えることができます。
また異所性蒙古斑、扁平母斑、太田母斑、外傷性刺青は保険適応となっています。

Qスイッチルビーレーザー(The Ruby nano_Q)
保険適応疾患
異所性蒙古斑、扁平母斑、太田母斑、外傷性刺青
治療方法
  • 施術前にメイクを落としていただきます(すこしでもファンデーションなどが残っているとレーザー光が弾かれ治療効果が落ちるため可能であれば施術日当日はメイクをせずにご来院されるのが理想的です)。
  • レーザー照射後、照射部位を冷却してから傷を守る特殊な絆創膏を貼付します。この絆創膏は1週間貼りっぱなしとなります(はがれたときのために予備の絆創膏をお渡ししています)。
  • 1週間後来院していただいて照射部位の診察をします。照射部位の傷が治っていればその後は紫外線対策・炎症後色素沈着対策の方法をご説明してご自宅でのケアを継続していただきます。
料金(シミなどの保険外診療)
1㎠まで 8,000円
  • 初診時には初診料3,000円(再診時は再診料500円)と消費税が別途かかります。
  • 再診時に完全にレーザー照射部位の傷が治っていない場合は再度絆創膏を貼付して1週間後に受診していただきます。その際処置料(500円)が別途かかります。

QスイッチYAGレーザー(Med-Lite C6)

QスイッチYAGレーザー(Med-Lite C6)

レーザー光の出力、波長を変えることで皮膚の浅い部分から深い部分まで幅広いシミに対応したレーザー治療器です。きわめて短時間で出力の高いレーザー光を照射することができるため正常組織へのダメージを最小限にすることができます。

治療方法
  • 施術前にメイクを落としていただきます(すこしでもファンデーションなどが残っているとレーザー光が弾かれ治療効果が落ちるため可能であれば施術日当日はメイクをせずにご来院されるのが理想的です)。
  • レーザー照射後、照射部位を冷却してから傷を守る特殊な絆創膏を貼付します。この絆創膏は1週間貼りっぱなしとなります(はがれたときのために予備の絆創膏をお渡ししています)。
  • 1週間後来院していただいて照射部位の診察をします。照射部位の傷が治っていればその後は紫外線対策・炎症後色素沈着対策の方法をご説明してご自宅でのケアを継続していただきます。
料金
1㎠まで 8,000円
  • 初診時には初診料3,000円(再診時は再診料500円)と消費税が別途かかります。
  • 再診時に完全にレーザー照射部位の傷が治っていない場合は再度絆創膏を貼付して1週間後に受診していただきます。その際処置料(500円)が別途かかります。

レーザートーニング

レーザートーニング

従来肝斑や炎症後色素沈着に対するレーザー治療は不可能とされていましたが、QスイッチYAGレーザーをごく弱い出力で複数回照射することによる治療が可能となりました。
レーザートーニングを行う前には前段階の治療「プレトリートメント」が必要となります。

治療方法
  • レーザートーニング施術2カ月前から「プレトリートメント」としてクレンジング・洗顔時に顔を「こすらない」ことを徹底していただくことに加えてビタミンC、トラネキサム酸の内服を行っていただきます。また日焼けを避けるようにしてください。
    ハイドロキノンクリームの外用を併用することも効果的ですがレチノイン酸クリームなど強い角質剥離作用のある美白クリームは使用を中止してください。
  • 施術前にメイクを落としていただきます(すこしでもファンデーションなどが残っているとレーザー光が弾かれ治療効果が落ちるため可能であれば施術日当日はメイクをせずにご来院されるのが理想的です)。
    施術中はお湯が落ちて来たようなチクチクした痛みがありますが麻酔を要するほどではありません。
  • 施術後冷却していただきます。レーザーの影響で皮膚が赤くなりますが傷になることは殆どありませんのでそのままメイクをしてご帰宅できます。
治療は1週間に1回連続して行い、4回の施術を1クールとします。
1クール終了後は1~2カ月間間を開け、合併症・副作用のないことを確認してから1ヵ月ごとに1回の追加治療を行います。
施術料(1回の施術料金)
1ショット
500円
片頬のみ
8,000円
両頬
10,000円
お顔全体
12,000円
  • 初診時には初診料3,000円(再診時は再診料500円)と消費税が別途かかります。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、組織を蒸散(焼き削る)させで除去することのできるレーザーです。脂漏性角化症(皮膚の老化によるイボ)はこのレーザー治療を行うとほぼ1回で除去することが可能です。出血が非常に少なく、短時間かつ最小限の侵襲で治療が可能です。術後は擦り傷の状態になるので傷を守る被覆材や軟膏による傷の治療が必要となります。皮膚に傷を作ることになるため「強くこすらない」といった炎症後色素沈着対策が必ず必要となります。

治療方法
  • 小さなイボであれば局所麻酔の必要はありませんが、大きなイボ・ホクロなどは予め局所麻酔の注射を行います。
  • 麻酔が効いたことを確認したらできもの自体をレーザーで少しずつ削り取っていきます。
  • 肉眼的にできものが除去されたら抗生剤含有の軟膏を塗布して治療は終わりです。
  • ご自宅でも擦り傷の状態が治るまで抗生剤含有軟膏の使用を継続していただきます。
施術料
首周りの小さなイボ 1個
800円
その他(脂漏性角化症、ホクロなど)
5㎜大まで 1個
10,000円
6㎜~10㎜ 1個
20,000円
11㎜~15㎜ 1個
30,000円
16㎜~20㎜ 1個
40,000円
21㎜以上 1個
50,000円
  • 初診時には初診料3,000円(再診時は再診料500円)と消費税が別途かかります。
  • ご自宅での処置に軟膏が必要な場合、別途軟膏料金がかかります。
遠隔診療システムについて
PAGE TOP