now loading
yosiki icon

皮膚科

皮膚科(保険診療)

皮膚は常に外界からの様々な刺激にさらされており、それに対抗する非常に精密な機能を備えています。その機能のバランスが崩れると皮膚には様々な変化が生じます。また皮膚は心のバランス、内臓のバランスにも非常に影響を受けやすい臓器であり、これらの要素が複雑に絡み合うことで非常に多彩な病態を呈します。
福岡県福津市のよしき皮膚科・形成外科では患者さんに病気に関するご説明をなるべく分かりやすいようにお話した上で個々の疾患に応じ、最適な治療をご提供いたします。

よしき皮膚科形成外科では以下の様な症状のご相談を承っております。

湿疹、かぶれ、アトピー性皮膚炎、乾燥肌、尋常性乾癬、虫刺され、脂漏性皮膚炎、じんましん、円形脱毛症、イボ、みずいぼ、とびひ、にきび、水虫、ヘルペス、帯状疱疹、薬疹、掌蹠膿疱症、白斑、あざ、たこ、うおのめ、疥癬 など

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎について考えてみましょう。

アトピー性皮膚炎について

「アトピー性皮膚炎」と聞くと皆さんはどのようなイメージをもたれるでしょうか?「アレルギーの病気」「全身に湿疹ができる」「湿疹は無くても皮膚がかさかさしている」などといったイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。

実際にアトピー性皮膚炎の一番大きな特徴といえば「幼少期から始まる湿疹」です。乳児期より頭、顔から湿疹病変が出現し、幼小児期になると体全体に拡大し、特に首、肘、膝など大きな関節の部位に強く湿疹が見られます。

またこの湿疹は新しく出来たものと慢性的に皮膚にあるものとが混在しています。また、アトピー性皮膚炎の患者さんの多くは食べ物に対するアレルギーや喘息といった疾患も高率に合併します。
こういった背景から「アトピー性皮膚炎はアレルギーの病気だ!」という考え方が広く浸透していました。
しかし、近年の目覚しい研究により、「アトピー性皮膚炎とは持って生まれついた皮膚バリアー機能の異常が根本に存在し、その皮膚へ様々な刺激が加わることによりアレルギー反応を含めた様々な反応が生じる疾患である」ということがわかってきました。

次にアトピー性皮膚炎の発症について考えてみましょう。我々の周りは、ダニ、カビ、食べ物のカスなど様々な物質が取り巻いています。これらの物質は皮膚の隙間からすると非常に大きいため、通常は皮膚から内部に侵入してくることは決してありません。しかし皮膚のバリア機能が低下し、皮膚の隙間が大きい状態だとこれら大きな物質でさえも簡単に侵入してきます。外部から異物に侵入された皮膚ではそれらを排除する反応が生じます。血管は拡がり、皮膚に水分を大量に流し込むことで異物を流し去ろうとします(赤み、腫れ)。さらに免疫担当細胞がやってきて異物を取り除こうとします。

また、異物だけでなく、異物に汚染された皮膚そのものを排除しようとする反応も生じます。さらにこの時免疫担当細胞のなかに「かゆみ」を起こさせる物質を放出するものもいます。「かゆみ」を皮膚に生じさせ直接掻かせることで異物を皮膚から剥がしてしまおうとするためです。この皮膚に付着した異物を排除しようとする一連の反応が皮膚に「湿疹」として現れてきます。

ステロイドは悪い薬?いいえ、それは誤解です。

通常異物が排除されたら速やかに湿疹反応は治まりますが、バリア機能の低下した皮膚では様々な部位で慢性的に異物を排除する反応が常に生じてしまいます。治りかかった湿疹病変からさらに異物が侵入し、炎症を起こします。治りかかった皮膚は弱く、血流も豊富なためジュクジュクした浸出液を生じてしまい、この浸出液による二次的な「かぶれ」により更に病変部は慢性化、難治化してきます。このように小さい頃から長年湿疹を繰り返していくと、皮膚はどんどんと硬く鎧のように変化してきます。これがアトピー性皮膚炎特有の皮膚病変として現れます。

そうなってしまう前にまずは皮膚に生じた湿疹を抑える必要があります。そこで使用するのが「ステロイド外用剤」や「免疫抑制剤入りの外用剤」などの免疫反応を適度な状態に調節してあげるための塗り薬です。「ステロイド」と聞くと「悪い薬」「強い薬」「体を壊す薬」というイメージをもたれる患者さんが多いのではないでしょうか?

ステロイドに限らず、お薬には副作用というものが必ず存在します。ステロイドを使用して治療する疾患には長期間治療時間を要するものが多いため、どうしても様々な副作用が取り沙汰されてしまいがちです。しかし短期間で皮膚の炎症をコントロール目的で使用するうえで、これほど優れたお薬はありません。そういった意味で当院では湿疹・皮膚炎の治療にステロイド外用剤を使用します。
しかし漫然と長期間使用するのではなく、要所で炎症の沈静化を図る目的で使用します。炎症が沈静化すれば段階を踏んでステロイド外用剤の使用頻度・強さを調整し、最終的には保湿剤中心の治療を目指します。

また最近の研究では「皮膚から侵入してくるものに対して湿疹反応を生じることからそれに続いて食物アレルギー、喘息、蕁麻疹などのアレルギー性疾患を発症する」ということがわかってきました。
アトピー性皮膚炎の患者さんがこういったアレルギー性疾患を発症しやすいのも全て「皮膚のバリア機能が低下している」ことが原因ということです。

皮膚のバリア機能自体を正常に戻す根本的な治療法とは、皮膚の設計図を書き換える、つまり遺伝情報を書き換えることになりますが、残念ながらこのような治療法は未だに確立されていません。しかし小さい頃からワセリンなどの保湿外用剤を用いて皮膚のバリアを強化してあげることによりアトピー性皮膚炎の発症予防やアレルギー性疾患を予防できることにつながります。

具体的にどのようにスキンケアをしていけばいいのか?
外用剤の塗り分けはどうすればいいのか?
日常どのようなことに気をつければいいのか?
など不明な点、不安な点に関することも含めどんな些細なことでもご相談ください。
アトピー性皮膚炎の治療の基本は外用剤を用いた治療となりますが、症状に応じてナローバンドUVB照射装置を用いた治療や免疫抑制剤の内服治療も行っています。

尋常性乾癬について

主に青年期から壮年期にかけて発症する慢性的な皮膚の病気です。

尋常性乾癬について

尋常性乾癬とは表面に白いふけのようなものを付着する境界のはっきりした皮膚病変が出現してくる病気です。主に青年期から壮年期にかけて発症する皮膚の病気であり、内臓などを侵すことはありませんが稀に関節の炎症を伴うことがあります。全身いたるところに皮疹が出てきますが、決して他人にうつる病気ではなく、命を脅かすこともまずありません。しかし患者さんにとっては定期的な通院が必要であるだけでなく、発疹を見られるという意味で周囲からの視線を意識することもあり、生活の質(Quality of Life; QOL)を非常に低下させる疾患です。研究が進むにつれ、皮膚における免疫システムに異常を来たしていることがわかってきましたが、残念なことに発症の詳しい原因について詳しいことはまだ分かっておらず、根本的な治療法も見つかっていないのが現状です。

尋常性乾癬の病変は悪くなったり良くなったりを長期間にわたって繰り返す慢性の病気です。皮膚における免疫システムが暴走しているため、免疫反応を抑える外用剤(ステロイド外用剤、ビタミンD3外用剤など)を用いた治療がその基盤となりますが、症状に応じて紫外線治療、飲み薬の治療を適宜組み合わせたりします。また最近では生物学的製剤と呼ばれる免疫バランスの崩れを整える物質を投与する治療も進んできている状況です。

治療の目標は尋常性乾癬の皮疹が少ない、あるいは消失している状態を維持することです。適切な治療を継続することで皮疹が消失したり、長期間にわたって皮疹が出ない、あるいは自然消退することもかなりの割合で認められています。

尋常性乾癬は高血圧、糖尿病と同じように病気の性質上どうしても定期的な通院が必要となり、病状の移り変わりによりその都度適切な治療が求められます。それゆえ地域に根ざした「皮膚のかかりつけ医」の役割が非常に大きな疾患の一つと言えます。当院では外用・内服の治療を中心にナローバンドUVBを用いた紫外線治療も症状に応じて適宜行っていますが、非常に重症であり通院治療のみでの乾癬のコントロールが難しいと判断した場合は適宜高次医療機関へのご紹介を致します。

ニキビについて

「ニキビ」といえば「青春のシンボル」とかつて言われたように、思春期より主に顔面に出現する「ブツブツ」したできものです。思春期になるとホルモンの分泌が高まり、顔を中心とした部位の脂を作る組織(脂腺)が肥大してきます。脂腺の出口は毛穴と同じ場所にあるため毛穴の部分がポツンと盛り上がります。この毛孔がポツンと盛り上がった状態を「面皰(めんぽう)」と言います。この状態でニキビ菌といわれる細菌が増殖すると赤く腫れあがり、ひどいときには膿をもったりします。いくら青春のシンボルとは言え、顔面という非常に目立つ部位にできものが出来るのは患者さんにとっては苦痛以外の何者でもありません。実は最近まで化膿したニキビに対して化膿止めの塗り薬を塗ったり、化膿止めの飲み薬を処方したり、ニキビ自体に穴を開けて内容物を取り除くという処置くらいしか無く、ニキビができるのはしょうがないとあきらめるしかありませんでした。

しかし90年代後半より美容皮膚科の台頭により「ニキビは皮膚科で治す」という考えのもと、海外の治療を取り入れながらこれまで治療できなかったほどの重症ニキビに対して劇的な治療効果をあげていきました。

生活習慣の改善と適切な治療が効果的です。

生活習慣の改善と適切な治療が効果的です。

現在のニキビ治療は「出来たニキビを小さくする」だけはなく「ニキビそのものが出来にくい肌を維持する」ということを根底にしています。まずなによりもニキビ予防のため、過度のストレス、寝不足を避ける、飲酒を控える、喫煙を控える、バランスの取れた食事を摂る、女性に関してはノンコメドジェニックの化粧品を使用するなど、生活習慣の改善が非常に重要になります。その上で毛穴が詰まりにくくする外用剤を使用します。

毛穴のつまりを起こしにくくするお薬として「アダパレンゲル」と「BPO製剤」があります。このお薬はあらゆる状態のニキビにおいて使用を強く推奨されるとされているお薬です。これらのお薬は皮膚の角層と呼ばれる部分の増殖を抑え、毛穴への脂の蓄積を抑制します。ニキビ治療ガイドラインにおいても毛穴の詰まっている状態であればこれらのお薬のみで良好なお肌の状態が維持できます。しかし毛穴の脂にニキビ菌が増殖して化膿してしまった場合にはこれらのお薬にあわせて抗菌剤外用剤や内服の抗生剤を使用して炎症を抑え、なるべく化膿したニキビが無い状態に持って行きます。

このように炎症を伴ったニキビを減少させると同時にニキビのもとになる面皰が出現しにくい皮膚にすることで少しずつニキビの数を減らしていきます。外用してから3ヶ月位でニキビの数が減少したと実感できるようになります。さらにそこから半年~1年と外用を継続することで新しく出来るニキビが減少し、重篤なまでに悪化するニキビがなくなります。

”ヒリヒリする” ”パサパサになる” ストレスですよね。

このようにアダパレンゲル・BPO製剤を用いることでニキビの出来にくい肌質へと変えていくことができるのですが、このお薬には外用を始めてから1ヵ月程度は「塗った後がヒリヒリする」「塗ってしばらくするとお顔の皮膚が粉を噴いたようにパサパサになる」といった随伴症状が約80%の患者さんにおいて見られます。実はこのアダパレンゲル・BPO製剤の持つ随伴症状によるストレスが原因でニキビ治療を中断してしまう患者さんが多くいらっしゃるのが現実です。

ニキビを治したい!ニキビの出来にくい肌にしたい!と思って来院されたのに、新たな皮膚症状が顔に出てくるのは患者さんにとって苦痛以外の何物でもありません。しかし、アダパレンゲル・BPO製剤は現在のニキビ治療において最も効果的なお薬であることは間違いありません。

お薬による随伴症状は予防できます!

福岡県福津市のよしき皮膚科・形成外科ではでは特に手術の場合などで患者さんにある疾患に対する治療法をご説明するとき、その治療によって得られる「良い事(治療効果)」と生じる「嫌な事(副作用、合併症)」の二つを天びんにかけて、「良い事」が「嫌な事」を上回った場合にその治療方法を選択しましょう、とお話しています。ニキビ治療においてはアダパレンゲル・BPO製剤の外用により得られる効果の方が生じる随伴症状を大きく上回っていると考えます。

もちろん生じる随伴症状については保湿ローションを使用することでかなり軽減することが出来ます。それでも毎日外用できない場合は使用頻度を2日に1回、3日に1回と間隔をあけて外用し、徐々に外用頻度を1日1回にするということも可能です。

アダパレンゲル・BPO製剤を用いたニキビ治療は初期にストレスを伴います。しかし、この随伴作用を乗り越えた先にニキビの改善が待っているとお考えになってください。もちろん随伴症状に関して、また治療に関して不安なこと、心配なことがあればいつでもご相談ください。

遠隔診療システムについて
PAGE TOP