「粉瘤(ふんりゅう)」という良性のできものをご存知ですか?

よく「脂肪の塊ができて・・・」とご来院されるケースが多いです。

粉瘤の中身は脂肪ではなく「皮膚の垢」だったりします。

たまにその垢に細菌が感染して化膿してしまい、巨大なニキビみたいになってしまうこともしばしば。

そうなると強い痛みを伴うため化膿した粉瘤に関しては切開して中の膿や垢をなるべく除去する必要があります。

粉瘤そのものは全く良性のできものなので放置していても問題ないのですが

頻繁に化膿するようであれば手術で摘出することをお勧めしています。

(実は私も10年以上前からお尻に粉瘤があるのですが、化膿するなどの悪さをしないのでずっと放置しています)

さて、化膿した粉瘤を切開して排膿する際に勢いよく粉瘤の中身が飛び出てくることがあるのですが

研修医時代、始めて粉瘤の切開排膿をした時のエピソードが今回のラクガキ漫画のネタです。

当時の外来医長の先生にやり方、コツなどを教えていただきながら処置を行っていました。

その外来医長に敬意を表して・・・

(本当に素晴らしい先生で尊敬しているんですよ!私の画力ではこれが精いっぱいです!)